植 林 活 動

グリーンプロジェクトの一環として世界遺産である熊野古道周辺に山林を購入し、
植林活動に取り組んでおります。
当社では印刷を中心とした事業展開をしており、紙という資源を利用する事で今まで発展を遂げてきました。 その裏では地球の資源を常に消費し続けた背景もあり、
植林する事で利用した資源を返還し次世代へ繋げていく事を活動理念としております。
活動資金と致しましては名刺1箱の出荷につき1円を植林活動へ充てております。
※昨年出荷箱数70万箱

購入した山の景色

購入した山の景色

2017年に新宮市の材木業者から購入しました。

山を流れる谷川

山を流れる谷川

熊野古道の後半部分にあたる山間の川。

植林予定地

植林予定地

今後伐採されていく山林。

活動報告

植林活動において目標達成までの活動内容を掲載しております。

Articles

広葉樹を中心に約3万本植樹
広葉樹を中心に約3万本植樹

広葉樹を中心に約3万本植樹

国産の広葉樹(ヤマザクラ・ホオノキ・トチノキ等)をおおよそ13,000本植樹し、その他にヒノキやスギ等を植樹し、合計30,000本近くの木々を植樹してまいりました。

豊かな未来に向けて活動開始
豊かな未来に向けて活動開始

豊かな未来に向けて活動開始

伐採も終わり、今後5年間で20万本を植えていく計画です。30年後、50年後に桜やもみじなどを人が眼で楽しみ、栗やドングリ、トチの実などを動物たちが喜ぶ豊かな山となることを夢見て、活動を続けてまいります。

豊かな未来を夢見て…5年計画

目標の20万本植林まであと…

5% Complete

2017年に、熊野那智大社から1日目の行程終点の小口という地に200haの山林を購入して、今後5年間にわたり100haの伐採地に桜、もみじ、栗、トチなど合計20万本を植えてまいります。

地域貢献活動

グリーンプロジェクトの一環として毎年、越後湯沢魚野川の河川清掃活動に取り組んでおります。
魚野川は、新潟県魚沼地方を流れる一級河川で信濃川の支流の一つです。
当社は魚野川近辺に福利厚生施設として保養所を所有しており、自然あふれる豊かな景観を保全する
ために河川周辺の清掃活動を毎年実施しております。

越後湯沢魚野川 河川清掃活動2017年9月8日(金)
越後湯沢魚野川 河川清掃活動

2017年9月8日(金)

前日までの雨が止んで、当日昼は晴れ、気温25度。サイバーネット・東京オフィスサービスのメンバーで今年は22名と例年よりも大人数でした。
雨が降ったり止んだりの不安定な天気でしたが、カッパを着て、雨のなかも懸命にゴミを探しました。毎年の清掃の甲斐もあってか、大型のゴミはありませんでしたが、空き缶、タバコの吸い殻等のゴミは相変わらず多かったです。
1人が拾うゴミの量は、例年よりやや少なかったですが、人数が多かったので、最終的には多くのゴミが集まりました。

越後湯沢魚野川 河川清掃活動2016年9月2日(土)
越後湯沢魚野川 河川清掃活動

2016年9月2日(土)

保養所周辺の河川敷の清掃活動を行いました。当日は秋晴れの気温30度。例年よりも暑い日でした。今年は東京オフィスサービス・サイバーネットの15名のメンバーで清掃活動スタート。今年も高架下にはBBQの残骸ゴミ、花火の燃えかすが多かったです。川沿いでは煙草の吸殻や、ビールの空き缶もありました。
今年は新たに上流に向かい神弁橋付近から上流へ活動範囲を広げました。肥料袋や泥だらけのペットボトル等、古びたゴミがたくさんありました。今年もびっくりするほどたくさんのゴミが回収できました。

越後湯沢魚野川 河川清掃活動2015年9月25日(金)
越後湯沢魚野川 河川清掃活動

2015年9月25日(金)

当日は生憎の雨模様で、川も少し増水している状態でのスタートでした。高架下には去年にましてBBQの網やトング、レジャーシートなど放置されたゴミが多く目立ちました。
また長期間放置されていたと思われる錆びた針金や破けたビニールシートの切れ端なども岩に引っかかるような状態で見つかりました。
川の増水に伴い、危険だと思われる部分は一部清掃できなかったのですが、去年を上回る数のゴミを回収する事ができました。