名刺のマナー|お役立ち名刺情報|東京名刺センター|東京オフィスサービス

トップ > お役立ち名刺情報 > 名刺のマナー

名刺のマナー

名刺のマナー

名刺の基本的なマナー

名刺はすぐに取り出せるように、名刺入れは胸ポケットに入れておくと良いでしょう。当然、お渡しする名刺が汚れていたり折れ目がついていたりすると、相手に失礼になります。

名刺の受け取り

名刺は目下の者から出すのが基本ルール。目上の人はそれを受け取ってから、自分の名刺を出すのが順序です。万一、目上の人に先に出されてしまったら「お先にいただいて申し訳ありません。」と断って受け取り、すぐに自分の名刺を出します。もし同時に出してしまったら目上が受け取るのを待ってから、相手からもらうようにします。また同格の者同士が同時に出した場合は、右手で差し出し、左手で受け取るようにします。

相手から名刺を受け取るときには両手を差し出し、まず右手で受けすぐに左手を添えます。胸のあたりで丁寧に受け取ります。この時、相手の会社名や名前に指が掛からない様に名刺の両角を持ちます。また、受け取った名刺を腰から下にさげるのも失礼にあたります。

複数で名刺交換を行う場合

複数で名刺交換を行う場合も順番は同じです。目下の人から先に名刺を差し出します。例えば、あなたが上司と一緒に先方を訪問した場合、まず上司と相手が交換した後であなたと相手が交換します。また、先方も上司と一緒の場合は、上司どうしが交換を始めたら部下どうしも交換をします。その次ぎに相手の上司と交換をします。

他社を訪問した時は

他社を訪問した際には、「おじゃまします」という意味から、訪れた側から先にだします。但し、訪問者が明らかに目上の人であったら、訪ねられた側が先に出すべきでしょう。

名刺を切らしていたら

万一、名刺を切らしていたり、忘れたりしたら丁重に非礼を詫び、次回に改めて渡すことを付け加えます。ビジネスマンが名刺を切らしたり、忘れたりすることがあってはなりません。外出前には必ず確認し、もし相手が多人数とわかったら、相当の枚数を用意しておきます。

受け取った名刺は大切に扱う

よく確認してから名刺入れに収めるのが普通ですが、暫くテーブルの上に置いてもかまいません。但し、いつまでも放置するような感じにならないように注意したいものです。

資料請求・お問い合わせ
メールでのお問い合わせはこちら