キャッチコピーで、名刺をパワーアップ

投稿日:2020年02月06日  更新日:2020年08月11日

キャッチコピーで、名刺をパワーアップ

キャッチコピーで、名刺をパワーアップ

ビジネスにおいて名刺は、初対面の相手とのコミュニケーションツールです。社名やサービスなど実務的な情報を記載するとともに、自社の活動を魅力的に伝えることが大切です。優れたキャッチコピーを添えると、企業や個人を強く印象づけられます。ここでは、名刺に添える効果的なキャッチコピーのつくり方と魅力をアピールする方法を解説します。

名刺の作成にお困りでしたら下記もお勧めです。
名刺作成なら東京名刺センター 取引実績業界NO1!

キャッチコピーのパワー

キャッチコピーのパワー

テレビや新聞広告で、商品やサービスにぴったりなキャッチコピーが添えられ、より魅力を感じ興味を引かれたことはありませんか?優れたキャッチコピーには、「魅力的に伝える」だけでなく、想像力をかきたてる力もあります。同じように名刺に添えられたキャッチコピーによって、自分への関心や魅力を効果的にアピールすることができるのです。

効果的なキャッチコピー

効果的なキャッチコピー

では、効果的なキャッチコピーとはどのようなものでしょうか。何より、「短く、分かりやすい言葉」で、「適度な感情を刺激」、「気持ちが揺れ動き、情景を想像させる言葉」であることがポイントです。「ドキッっとする」「センスの良さを感じる」「ユーモアを感じる」など、キャッチコピーが心に訴えかけると、その人に会いたくなったり、もっと知りたくなったり、質問したくなったりします。言葉は、それだけの力を秘めていると言えるでしょう。

「ドキッ」をつかむ

思わずドキッとするキャッチコピーは、感情に強く働きかけ長く記憶に残ります。例えば、美容アドバイザーから「あなたの脚、見られていますよ。」といわれたり、経営コンサルタントから「前年比で売上がダウンしていませんか?」と指摘されたりなど、顧客ターゲットが秘かに持つ悩みなどを刺激すると、ハッとして「何か良い情報があるのだろうか」と一瞬心が動きます。

センスを感じる

「ほかとは一味違う」、「あなたは、こんな○○を見たことがありますか」など、その人の美意識やセンスを刺激する言葉は、ふと気にかかり心をひきつけます。人はその先に何かがあると予感し、知りたいと思います。企業のイメージやその人の普段の仕事ぶりなどを連想させることもできます。
「How about 売上アップ?」「Nice to meet営業効率」など、英語を絡めるのも面白いかもしれません。

ユーモアで雰囲気づくり

「思わず笑いがこみあげる」「ふっと和んでしまう」など、キャッチコピーでユーモアを感じさせ、親交を深めるきっかけにするのもよい方法です。ユーモアは、企業のゆとりや社風、個人の穏やかさややさしさを伝えます。
「おいしいもの好き売り上げサポーター×ちょっと太め」、「業務効率化審判員×愚痴聞き名人」など、架空の肩書で雰囲気づくりに挑戦するのもユニークでしょう。

名刺に一言添える場合には下記もおすすめです。
名刺に添える印象的な一言

効果を上げるキャッチコピーのポイント

効果を上げるキャッチコピーのポイント

名刺に添える「効果を上げるキャッチコピー」は、どのような相手に、どのようなベネフィット(価値)を伝えるのかで決まります。伝えたいイメージを残すための短い言葉を見つけましょう。そのためには、まず顧客像を絞ることです。

顧客像を絞る

顧客像を絞るには、自社の商品やサービスを利用する対象者の年齢や性別など、属性を明確にします。ターゲットの明確化は商品やサービスの企画段階で考えられていることですが、営業や販売の現場目線から再考すると、より具体的な利用シーンが見えて優れたキャチコピーの発見につながることも多いものです。そのために、既存顧客の声などをリサーチしてみるのもおすすめです。

サービス・商品の価値に着目

対象者像の選定とともに、商品やサービスが顧客に提供できる価値に着目し、より多くの魅力を見つけましょう。商品やサービスの利用者にヒヤリングをしたり、部署内でブレインストーミングを行ったりするのもよいでしょう。ささいなことでもいいので、できる限り多くの視点から検討してみることをおすすめします。ターゲットに近い年代を中心に、周辺世代のニーズも探れば、新しい意見を集められます。

独自のセールスポイント

商品やサービスが提供するメリットをリストアップし、次にその中から自社独自のセールスポイントを見つけましょう。セールスポイントは、業界ナンバーワンでなくてもかまいません。他社に同様のサービスがあったとしても、そこにプラスできる自社の強みは何か、アピールできるポイントを見つけ出しましょう。たとえば、コピー機の高セキュリティがセールスポイントなら、「高セキュリティに、いつも笑顔のアフターケア」でダブルに安心であることをアピールするといった具合です。

名刺に業務内容を記載するには下記もおすすめです。
名刺の適切な業務内容記載は、業績アップにつながる!

わかりやすく

セールスポイントが明確になったら、短文のわかりやすいキャッチコピーを作成します。具体的な数字などを盛り込んでもいいでしょう。たとえば「●●年●月アイメイク商品売り上げナンバーワン」など、客観的な事実をアピールすると信頼性も高まるでしょう。顧客にどう感じてもらいたいか、どう伝わるかが重要です。コピーライターなどに頼むのもおすすめです

業種別キャチコピーの例文

業種別キャチコピーの例文

サービス内容がわかりにくかったり、サービス内容はわかるけれど特徴のアピールが必要だったりと、業種によってキャッチコピーのアピールポイントは変わります。ここでは業界別に、キャッチコピーの例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

建築・リフォーム業界

建築・リフォーム業界では、ユーザーから評判のよいサービスや商品、大手ではできない細やかな対応などといった自社の強みをアピールするとよいでしょう。例えば、「●●地区 住宅バリアフリー実績●●件」「木からまだ見ぬ素材まで、パネル製作」などは、いかがでしょう。

弁護士や税理士

税理士や弁護士の普段の業務内容は、わかりにくいものです。ユーザーへのメリットを、プロならではの視点で見つけ出してアピールするとよいでしょう。「個人の債務整理●●年度実績●●件」「熟年離婚アドバイザー」「個人事業主の収益150%UPを目指します」など、それぞれの専門性によってターゲットを絞るとわかりやすいでしょう。法律・制度の改正などから、「●●年労働基準法改定にも対応」など状況にあわせたチョイスで時流に合ったキャッチコピーも可能でしょう。

飲食店

飲食業界は和食、洋食、中華など専門としている分野や、「こだわりの和牛、とろけるハンバーグが自慢」など、こだわりポイントのアピールができます。また飲食業界は、一流店で修行や経験を積み、腕を磨く業界でもあります。たとえば「●●専門店で●●年修行 魅惑の一杯」「一流料亭の味をリーズナブルに」など、これまでの経験を生かすのもよいですね。

医療機関

専門分化が進む医療機関では、専門性の高さ、最新の診療機器、先端医療への取り組みなどの告知も大切です。医療関係者と一般向けの名刺を使い分けるのもいいでしょう。一般向けには、「腎臓内科専門医」「無痛歯科」など具体的にイメージできるアピールが、患者様に喜ばれるでしょう。

まとめ

相手の感情に訴え、わかりやすく 一目で読み取れる名刺のキャッチコピーは、自社を効果的にアピールすることができます。事前にしっかりしたリサーチを行い、ターゲット像の分析や自社のメリットをわかりやすく伝えるよう工夫しましょう。

名刺の作成のお悩み、弊社へお任せ下さい。
名刺作成なら東京名刺センター 取引実績業界NO1!

関連するお勧め人気記事