名刺づくりのポイントとは?効果を高めるためにすべきこと

投稿日:2020年07月07日  更新日:2020年08月11日

名刺づくりのポイントとは?効果を高めるためにすべきこと

名刺づくりのポイントとは?効果を高めるためにすべきこと

名刺づくりで大切なのは、まず誰に、何のために渡すのかを考えてみることです。それによって、名刺をデザインする際に意識すべきポイントが変わってきます。 名刺を活用するシーンを考える必要性や、名刺の効果を高めるための情報の取捨選択やデザイン手法など、ここでは名刺をつくる時に知っておきたいポイントをご紹介します。

名刺の作成にお困りでしたら下記もお勧めです。
名刺作成なら東京名刺センター 取引実績業界NO1!

名刺の“主題”を決める

名刺の“主題”を決める

「新しく名刺をつくろう」と思ったとき、多くの人は名刺のデザインや記載内容、どこの印刷会社に発注するかについて考えるでしょう。しかし、本当に効果を上げる名刺をつくるためには、はじめに名刺の主題を考えておく必要があります。

名刺の主題とは

「名刺の主題を決める」とは、名刺を渡した相手に何を伝えたいか、相手にどのような行動をとってほしいかを考えることです。これは、名刺交換の効果を確認するための基準でもあります。 意味もなく名刺を配ることはありませんから、名刺を渡す行動には目的があります。
たとえば、デザイナーなら「ポートフォリオを見てほしい」、銀行員なら「うちの銀行と取引してほしい」、営業担当なら「直接、携帯電話に連絡がほしい」など相手からのビジネスチャンスの到来を期待します。 また、名刺を渡した相手に「クールで知的な人」「親しみやすい人」など与えたい印象も、違うでしょう。名刺づくりの初めに、名刺を渡した人に与えたいイメージについて考えてみましょう。

名刺の主題の重要性

名刺の主題は、名刺の軸をどこに置くのかを決めるのに役立ちます。 主題が決まっていれば、名刺で何を強調すべきかはっきりします。また、名刺のデザインと企業のコンセプトカラーを合わせたり、イメージ戦略に即したデザインを採用したりすれば、自社の印象をより強められるでしょう。
名刺という限られたスペースの中で、必要な情報を伝えるには何を優先させるか、どの情報を目立たせるかのバランスを考えることはとても大切です。名刺をつくる時は、常に主題を念頭に置いて考えることをおすすめします。

名刺デザインを考える

名刺デザインを考える

主題を決めたら、次に名刺のデザインを考えます。名刺のサイズや向き、フォント、色などを決めていきましょう。 それぞれのデザインのポイントをご紹介します。

名刺のサイズ

日本の名刺サイズは91mm×55mmが主流です。しかし、ヨーロッパは85mm×55mm、アメリカは89mm×55mm、アジアは90mm×54mmと国や地域によって名刺の標準サイズは違います。海外との取引が多い企業では、その国の標準に合わせたサイズの名刺を用意するのもいいでしょう。 また、クリエイティブな業界ではイメージをより個性的に訴求するために、あえて変形や立体型などの名刺を使う例も多く見られます。名刺のサイズや形は、用途に合った選択をすることで効果をあげられます。

名刺のサイズについては下記もお勧めです。
一般的な名刺のサイズは、なぜ91×55mmなのか?

名刺の向きと、縦書き・横書き

名刺の向きと文字の方向には、全部で4つのパターンがあります。
ヨコ型・ヨコ文字
ヨコ型・タテ文字
タテ型・ヨコ文字
タテ型・タテ文字
パターンごとに、デザインやイメージが異なります。堅めの職業であればタテ型・タテ文字、IT企業やベンチャー企業であればヨコ型・ヨコ文字など業界や企業のイメージに合った形式を選びましょう。 社名にアルファベットを使っていたり、メールアドレスやウェブサイトアドレスなど英語表記が多かったりする場合は、ヨコ型ヨコ文字がスタンダードです。

文字揃えの種類

文字の揃え方には、左揃え、中央揃え、右揃えの3パターンがあます。 一般的には、左揃えが多く使われ、デザインがしやすいのも左揃えの名刺でしょう。 中央揃えは、名刺全体をバランスよく見せる配置を検討することが大切です。バランスが悪いと落ち着きがない印象になってしまいます。全体のバランスをよく確認しながら、調整していきましょう。
右揃えは、デザイン性の高いおしゃれな名刺に仕上がるおすすめの文字揃えです。作成時にはロゴや写真など、文字以外の要素と一体感が出る配置にすることがポイントです。ちぐはぐなデザインではおしゃれ感が崩れるので、上級者向けのパターンと言えるかもしれません。

フォント

フォント選びでは、「フォントの種類」と「フォントのサイズ」の2つを決める必要があります。どちらも、相手が読みやすいかどうかが大切です。 名刺の中で複数のフォントを使い分ける場合は、2種類程度までにするのがおすすめです。フォントの種類が多いと、名刺の統一感がなくなり、読みにくい名刺になってしまいます。

名刺のフォントについては下記もお勧めです。
イメージを大きく左右する!? 名刺の書体

余白と色

同じデザインの名刺でも、余白の取り方によって全体のイメージが変わります。フォントのサイズや位置を変えて複数のパターンをつくり、余白の置き方を検討しましょう。 また、写真やロゴマークなど、カラー画像を挿入するときは、それ以外の文字は白黒の配色にすると落ち着きます。
クラフト紙など色付きの名刺用紙を使用する場合も、フォントや画像との配色には注意し全体がすっきり見える配色を意識しましょう。

名刺のデザインについて、詳しくは下記の記事でご紹介しています。参考にしてください。
名刺を自分でデザインするときに押さえておきたいポイント
理想的な名刺作成のために。名刺のレイアウト・色づかいのコツをおさえよう!

ロゴの配置で印象が変わる

ロゴの配置で印象が変わる

一般的に名刺に掲載されるロゴの位置は、左右それぞれの上・中・下の6パターンです。ロゴは文字より視覚的な印象が強く、ロゴをどこに配置するか、ロゴと文字の位置やバランスの取り方で名刺の印象は大きく変わります。よりスピーディに情報を理解してもらったり、名刺の印象を強めたりできるようになります。
このような視覚的効果を強く意識した高度な名刺づくりには、技量のあるデザイナーに依頼することがおすすめです。
ここでは、ロゴの配置についての基本的な効果を簡単にご説明します。なお、以下で紹介するレイアウトは、すべて横向き・横書きのスタイルです。

名ロゴが左のパターン

ロゴが左のパターンは、横書きの名刺で多く使われる配置です。左上、中、左下、それぞれの特徴をご紹介します。
・ロゴが左上のパターン
ロゴを左上に配置するパターンでは、基本情報を左下に掲載する形が多く、リズム感がある安定的なレイアウトになります。
・ロゴが左中央のパターン
ロゴを中央に配置するパターンでは、余白とのバランスが大切です。名前を右に、基本情報のブロックを名前の下にレイアウトするときれいに収まります。余白やフォントに注意して、情報が伝わりやすいデザインにしましょう。 連絡先は、罫線で区切ったり、フォントのカラーを変えたりするとよいでしょう。
・ロゴが左下のパターン
ロゴを左下に配置するパターンでは、名前を右上、ロゴと基本情報を下部に配置すると安定します。ロゴと情報をひとつのブロックとして扱うと、レイアウトしやすくなります。また、名前を大きめのフォントにすると、名前の印象を強くすることができます。

ロゴマークが右のパターン

ロゴが右側に配置するパターンは、バランスを取るのが難しく中級者向けのデザインといえるかもしれません。ここでは3つのパターンをご紹介します。
・ロゴが右上パターン
バランスの難しいデザインですが、ロゴの横に大き目の余白を置き、基本情報と名前を下部ブロックに配置した2階建ての構図にすると、落ち着いたレイアウトになります。上部のロゴブロック60%、基本情報ブロック40%の配置バランスがおすすめです。左に名前、右に基本情報を配置し、間の余白も広めにとります。好みのバランスを探しましょう。
・ロゴが右中央パターン
名前とロゴが、ほぼ横並びになるデザインです。 会社情報は右下で右揃えにするのがおすすめです。右揃えで生まれる右下への傾斜のラインが、視覚的におしゃれな印象を与えてくれます。
・ロゴが右下パターン
右下にロゴマークを配置したデザインでは、バランスが重要です。難易度が高いので、デザイン知識がある方におすすめしたいパターンです。理想的な配分は、左40%に名前を中央よりやや上、会社情報を下部に配置する形です。名前と基本情報を名刺の上部から30%下の領域に左寄せでレイアウトして、ロゴとの間に大きな余白をつくると印象的です。

まとめ

名刺をつくるときは、目的を意識した上で効果的なデザインを目指しましょう。 もし名刺のデザインに迷ったら、好みの名刺を集めてみてください。集めた名刺を並べて見れば、自分が名刺に求めるものや、どのようなデザインを好んでいるかがわかってきます。名刺づくりのポイントを踏まえ、何度か試作を繰り返すことも大切です。コミュニケーションツールとして効果的で、イメージ通りの名刺をつくることにチャレンジしてみてください。

名刺の作成のお悩み、弊社へお任せ下さい。
名刺作成なら東京名刺センター 取引実績業界NO1!

関連するお勧め人気記事