法人の名刺作成は、取引数No.1の東京名刺センターにお任せ!|東京名刺センター|東京オフィスサービス

c

トップ > 名刺コラム一覧 > 名刺法人

法人の名刺作成は、取引数No.1の東京名刺センターにお任せ!

法人の名刺作成は、取引数No.1の東京名刺センターにお任せ!

企業にとって、名刺は社員の自己紹介に欠かせないツールであり、お客様に渡す会社の「顔」ともいえるものです。名刺作成にあたっては、プロによる高品質の仕上がりはもちろんのこと、入社や転勤などが集中する時期においては、納期の短さや手配のしやすさも同時に実現したいですね。

そんな名刺の手配は、専門のプロ集団に任せてみてはいかがでしょうか。

東京名刺センターの法人向け名刺印刷サービスの特徴

東京名刺センターの法人向け名刺印刷サービスの特徴

東京名刺センターは、1978年創業。40年以上印刷に関わってきたプロ集団です。特に名刺印刷は創業当初から手がけ、グループ全体で150万箱を出荷。2018年現在の取引社数は3,800社以上、法人名刺の取引企業数では日本一の実績を誇ります。

東京名刺センターが、なぜ多くの顧客から長く愛され続けているのか。そこには、3つの理由があります。

特徴1: WEB発注にも対応、最短翌日発送も

東京名刺センターでは、名刺WEB発注システム「PRINTBAHN」でインターネットを通じて発注が可能です。名刺の一括管理や、記載項目の変更も自由自在。スピーディーな発注で、最短翌日発送も可能です。
名刺の発注や管理を行う担当者の負担を大幅に軽減できることが、東京名刺センターが選ばれ続けている理由のひとつです。

特徴2:受注から製造まで全て自社内、さまざまな要望に対応し、安い価格を実現

東京名刺センターは、受注業務から、製造・出荷まで全ての工程を自社内で一貫対応。短納期、低コスト、高レスポンスを同時に実現しています。
発注後の各種問い合わせにも弊社カスタマーセンターが直接電話対応を行うため、安心して発注できるのも強みのひとつです。

特徴3:オフセット印刷からデジタル印刷まで幅広く対応し、高品質を実現

東京名刺センターではさまざまなタイプの印刷機を導入。従来のオフセット印刷機はもちろん、デザインデータを直接印刷できるデジタル印刷機も完備しています。
こだわりのコーポレートカラーの印刷から、デジタル印刷によるスピーディーな仕上がりまで、お客様のニーズにあわせた名刺の印刷が可能です。

法人向けの名刺作成にまつわるQ&A

法人向けの名刺作成にまつわるQ&A

Q1. ロゴマークの色がシビアなのですが、試し刷りは可能でしょうか。

デジタル印刷の場合、事前サンプル名刺を無償でご確認いただけます。オフセット印刷をご希望の場合も本機色校正をご確認いただけますが、こちらは有償となります。

Q2. 何枚から注文可能ですか。

原則としては、1箱(100枚)~となります。

Q3. 送料はどれくらいかかりますか。

各種条件により異なります。お打ち合わせのうえ、最善のご提案をさせていただきます。

Q4. イラストや似顔絵を入れることは可能ですか。

可能です。ご希望のイメージや原稿、写真などをご支給ください。

Q5. 支給した顔写真や店舗の写真、イラストを入れてもらうことは可能ですか。

可能です。ご支給いただきますデータ形式によっては対応できない場合がございますので、事前にご相談ください。

こんなに便利!名刺WEB発注システム「PRINTBAHN」

こんなに便利!名刺WEB発注システム「PRINTBAHN」

東京名刺センターの名刺WEB発注システム「PRINTBAHN」は、これまでのメールやファックスによる注文に比べてスピードや効率が格段に違います。

複数の部門ごとの発注も可能なフレキシブルなシステムに加え、リアルタイムでのプレビュー機能などにより、入力ミスなどのリスクを抑えることもできます。さらに、パスワードの定期変更やIPアドレスでのログイン制御も可能なので、セキュリティ面でも安心です。

また、「PRINTBAHN」は各種購買システムにも対応。べんりねっと・ソロエル・たのめーるプラスなどほとんどの購買システムに対応可能なため、ほかの購買商品と同様の申請・承認フローで名刺印刷と承認作業ができ、業務効率化につながります。

特徴1:一括発注&一括プレビューが可能

新入社員の入社による名刺の一括手配や人事異動・組織変更による急な名刺手配など、名刺作成には面倒な作業、急ぎの対応がつきものです。
「PRINTBAHN」は、そのような作業負担を軽減する“一括発注”や“一括プレビュー”の機能を完備。名刺作成リストに対して一括で発注できるだけでなく、注文したい名刺だけを選択して一括発注することも可能です。
「PRINTBAHN」は対応している購買システム上でもプレビューを確認できるため、お客様から高い評価をいただいています。

特徴2:複数IDによる承認が可能

名刺に関しては、事業所の増加などによって管理部門の一括発注から事業所や部門ごとの発注に切り替わるケースもあります。「PRINTBAHN」では、そのような企業の状況変化にも細やかに対応。
ひとつのIDによる一括管理から複数IDによる部門ごとの発注まで、5パターンの運用に対応しています。
また、パスワード忘れなどに対しても細やかなサポートを行っています。

特徴3:発注履歴で進捗状況と過去の名刺内容の確認が可能

名刺の発注と管理は、社員の人数分に対して必要となる業務です。また、部署や肩書きなど細かな内容の変更や確認、進捗管理など煩雑な作業がつきもので、確認ミスも発生しやすいもの。
「PRINTBAHN」では、そうした情報を一括に管理します。発注履歴や過去に作成した名刺の内容を簡単に確認でき、正確かつスピーディーな発注管理を実現。
また、発注の締め時間も一目瞭然で、受付締め時間までであれば、本発注後のキャンセルも可能です。

これだけはおさえておこう!法人向けの名刺作成のポイント

これだけはおさえておこう!法人向けの名刺作成のポイント

企業の営業活動において大切なツールである名刺。作成の際にはいろいろと気をつけるべきポイントがあります。ここでは、これだけはおさえておきたいポイントをご紹介します。

<ポイント1>基本情報は正確に

名刺は企業と社員の自己紹介ツールです。お客様と確実にコンタクトが取れるように、「会社名」「営業所名」「部署」「役職」「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「ホームページアドレス」といった基本情報は間違えないことがもっとも大切です。
英文など外国語表記が必要な場合には、こちらも表記名・スペルなど基本的なことを間違えないようにしましょう。

<ポイント2>厚さや大きさに迷ったら、標準仕様を選択

名刺の基本的な大きさは「55mm×91mm」。ほとんどの企業はこの大きさで作成しています。紙の厚さや色も「180kg~225kg」「白色系」などが標準的な仕様になります。
こだわりがあれば別ですが、特に初めてつくるような場合は奇をてらわず、基本的な大きさ・標準的な紙の厚さでつくることをおすすめします。

<ポイント3>ロゴや写真、ワンポイントを加えてオンリーワンの名刺も作成可能

標準的な仕様であったとしても、ロゴや写真・エンボス(浮き出し)加工などさまざまな要素をプラスすることで、独自の名刺を作成することが可能です。
似顔絵やお店・会社の写真、地図、イラストなどを加えてみるのもひとつの方法です。

まとめ

法人名刺は企業の「顔」とも呼べる大切なものですが、必要な時期や量は一定ではありません。まとめて発注することも多く、ときとして担当者への負担も大きくなりがちです。

東京名刺センターならWEBで発注、社内で一貫して生産し、納期の短縮も可能。名刺WEB発注システム「PRINTBAHN」で発注履歴の把握やデザインの確認、変更もスピーディーにできます。

40年以上印刷を行ってきたプロ集団ですので、高品質なのはいうまでもありません。失敗しない名刺作成、満足のいく名刺作成を目指すなら、まずは、名刺印刷のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

法人名刺印刷 取扱高業界NO1!東京名刺センターのコンテンツもおすすめですので合わせてご覧頂けると幸いです。