個性を伝える型抜き名刺の特徴と効果的な使い方

投稿日:2020年09月04日  更新日:2020年09月10日

個性を伝える型抜き名刺の特徴と効果的な使い方

個性を伝える型抜き名刺の特徴と効果的な使い方

一般的に、名刺は長方形をしていますが、変わった形の名刺も作れます。たとえば、コーヒーカップの形をしたカフェの名刺や、靴をかたどった靴屋の名刺など職業を象徴した形にできます。
これらの自由な形の名刺は、「型抜き名刺」と呼ばれています。型抜き名刺は、一般的な名刺よりインパクトがあり、効果的に使用すればストレートに自分の個性を伝えられます。 ここでは、型抜き名刺の特徴や効果的な使い方について解説します。

型抜き名刺で伝達力をアップ

型抜き名刺で伝達力をアップ

型抜き名刺は、希望する形にした名刺です。自由な形に成形することで、どのようなメリットや特徴があるのかを解説します。

1.印象を高める型抜き名刺

通常の名刺では、印刷の内容や用紙の種類、カラー、フォントなどで相手に届けたいメッセージを伝えます。型抜き名刺は、これらに加えて一般的な名刺の形から視覚的にメッセージを伝える工夫をした変形の名刺です。 型抜き名刺では、意図したイメージを相手に伝えるため、名刺の形から相手がどのような印象を持つのかを想像して、形の選択、デザインを設計することが大切です。

2.一瞬で仕事内容を伝える

型抜き名刺は、形によって仕事内容を一瞬で伝えられます。 特徴的なアイテムや資格を表すもの、職業に対する一般的なイメージなどをかたどった形にすることで、自分の職種や業態、仕事への思いを伝えることができます。たとえば、
・美容師…ハサミ・くし
・医師…聴診器
・フラワーショップ…花・ブーケ
・飲食店…コック帽・グラス・ナイフとフォーク・食材(野菜や魚介類など)
・音楽関係者…楽器・音符・レコード
など、ビジネスやサービスを連想させる効果的な手法となるでしょう。

3.遊びの要素を盛り込み関心度を高める

個性的でユニークな名刺は、相手の好奇心を刺激し、関心度を高めるのに効果的です。星型やハート型など、遊び心のある名刺の形にすると、出会った人との距離が急速に近づくイメージを誘導することもできるかもしれません。

型抜き名刺の作り方

型抜き名刺の作り方

型抜き名刺は、非常に自由度が高いため、作ろうとしたときに迷ってしまうこともあるでしょう。この章では、型抜き名刺の作り方について解説します。

1.方向性を定める

型抜き名刺はさまざまな選択肢が多いため、名刺づくりの方向性を定めてから作成にかかることが大切です。 どのようなメッセージを伝えたいか、最初に決める必要があります。

2.3パターンのデータづくり

型抜き名刺のデータづくり方には、次の3つのパターンがあります。
・名刺制作会社のデザインテンプレートを使用
名刺会社のテンプレートを使えば、仕上がりがイメージしやすく、納品までのスケジュールも比較的スピーディに進むというメリットがあります。
・自分がデザインした型抜きデータを使用
自分でデザインする技術があれば、ダイレクトにメッセージを伝える型抜き名刺がつくれます。自分がデフォルメした個性的な型抜きデータで、独自の世界観をアピールすると面白いのではないでしょうか。 クリエイターや個性的なショップなど、世界でただ一つをテーマにした型抜き名刺は強く印象的な名刺になります。
・写真やロゴなど希望の型を伝えて、デザイナーや印刷会社に制作を依頼する
写真やロゴなどをもとに、型抜きのデータ作成を依頼しデザインしてもらうことも可能です。 型抜きは、あまり細かなデザインは得意ではありませんが、ロゴや写真から型抜きデータを起こしてもらうことができます。

3.素材の選び方

型抜き名刺をつくる時は、伝えたいメッセージに合う用紙を選ぶことが、イメージの効果を上げるコツです。 オーソドックスな上質紙や高級感のあるメタル素材など、素材や用紙の厚みによっても印象は異なります。

名刺の用紙については下記もおすすめです。
名刺のイメージを決める!?おさえておきたい印刷用紙の選び方
用紙と厚みによって名刺の印象が変わる!?紙の特徴や選び方

4.加工を組み合わせる

印刷加工を組み合わせることで、こだわりを強調したり型抜きの個性をより大きくできます。 型抜き名刺に組み合わせる効果的な加工としては、
・箔押し
箔押しにより、立体感のある名刺を作れます。 金箔だけでなく、多様なカラー展開でイメージをより強く打ち出すのも効果的です。
・ライトストーン
ライトストーンとは、ネイルなどに用いるキラキラ素材です。女性的なイメージですが、男性が名刺のアクセントに使うのも効果的でしょう。型抜きと組み合わせてワンポイントに使用して、華やかなイメージの演出ができます。
・レーザーカット
レーザーカットは、レーザーを使って模様などを切り抜く技法です。 細かなデザインを実現するのは難しい切り抜き名刺ですが、レーザーカットを必要に応じて追加すると細かなデザインを実現できます。

5.表現を工夫する

型抜き名刺は、細かな表現が苦手です。そうした特性をデメリットにしないために、次の工夫をおすすめします。
・デフォルメしたデザインを使用
デザインをデフォルメすることで、イメージが強調されわかりやすい表現を実現できます。
・細かな表現はレーザーカット
細かな表現は、レーザーカットでプラス加工して希望するイメージに仕上げられます。二つの加工技術で、欠点を補いデザインに忠実な名刺を作成する方法があります。

6.仕上がりのサイズを確認する

型抜き名刺では、形状やサイズが自由なため、実際に手に取ったときのサイズを確認することは重要です。 印刷前に、作成サイズをプリントして確認する習慣をつけましょう。

型抜き名刺で個性を生かす

型抜き名刺で個性を生かす

個性を生かす型抜き名刺には、次のような型抜きの種類があります。

1.型を抜く

型を抜くタイプの名刺とは、オリジナルの型に用紙を切り抜いたタイプの名刺です。 たとえば、
・ロゴや製品、業種をイメージさせるデザインやアイテムの型に抜く
・四隅の形を変え、多角形や曲線など特徴的な任意の形の型に抜く
・リボンなどがはみ出す部分のある型に抜く。はみ出すした部分を「しおり」などに活用してもいいでしょう。

2.打ち抜く

名刺の一部を打ち抜くことで、デザインの自由度はさらに広がります。 打ち抜きの具体例は、
・星やハート、花形、キャラクターなどの親近感を抱かせる形状や、繊細なレース模様などを打ち抜く
・イラストの一部分を打ち抜く

3.切り込みを入れる

ちょっと変わった使える名刺、遊べるタイプの名刺として切り込みの入った名刺にすることも可能です。
・書類などに挟める切り込みを入れる
・虹やヒト型、靴など、切り込みを入れた型が立ち上がる名刺にする
効果的に切込みを活用することで、名刺を手帳やノートに挟んでもらえたり、一味違った使い方が楽しめるような名刺が誕生します。

まとめ

型抜き名刺は、一般的な形状の名刺とは異なる個性を発揮し、インパクトを与えられます。 一瞬で仕事の内容を伝えたり、親近感を抱いてもらったりする効果的なコミュニケーションツールとして活用して、ビジネスチャンスを拡大します。この記事を参考にして、面白く個性的な名刺の活用法を考えてみましょう。

関連するお勧め人気記事